(c) 2017 yamazaki yoshiki

ヘラ絞りで作ったステンレスのグラスです。

 

少しだけ反り返った縁の部分の板厚は1mm以下となっていて、とても口当たりが良く感じられます。また熱伝導の良いステンレスは、注いだ飲み物の冷さがそのまま手に伝わり、まるで液体をそのまま持っているかのような感覚です。仕上げは、着色職人が1つ1つ手作業で漆を焼き付けて仕上げています。直接ステンレスに触れることがないため、金属臭がほとんどしませんので、飲み物の風味を損なうことなくお使いいただくことができます。Lは350ml缶の飲み物が注げる大きさで、Sは500ml缶の飲み物が半分注げる大きさです。

ヘラ目グラスには、従来のヘラ絞りでは消されていた「ヘラ目(ヘラを押し当てた跡)」をあえて残しています。本来、ヘラ目を消すこともヘラ絞りの技術とされていましたが、陶芸のロクロ目と同じよう、そこにはヘラ絞りならではの手の跡が残っていると考えます。1つ1つ表情の異なる「ヘラ目」をお楽しみ下さい。

『ヘラ目グラス』 Spinning Glass

ブランド/なにがし

大きさ/L:φ92×h110 mm

    S:φ92×h90 mm

容量/L:約410ml(満水)

   S:約330ml(満水)

素材/ステンレス

仕上げ/黒(漆焼き付け)