(c) 2017 yamazaki yoshiki

真鍮鋳物で作られた朱肉入れです。名前・社名・ロゴ等の判を押す朱肉入れとして、日本で古くから自分自身を表す家紋をモチーフに、「丸」「四角」「六角」の3種類の形を作りました。

作品や契約等、「判を押す」という事は決して軽々しいものではありません。真鍮の重みが、その重みを教えてくれている様です。開けた上蓋を、下皿(朱肉本体)の下にスタッキング出来る様になっているので、使用する時は蓋だけをどこかに置くのではなく、キレイに整えて使用する事が出来ます。また、二重になっていてる上蓋の模様には、大切な契約等が「丸く収まる」という意味を込めています。

表面仕上げには、漆を焼き付けた後に鉄漿水(お歯黒)でムラを付けて仕上げています。職人による手作業ですので、1品1品異なった味わい深い表情になっています。

中の練り朱肉は、鉛・水銀・カドミウムなどの重金属を含まない有機顔料だけを原料とした、日本国内で製造されたモノを使用していますので、自然環境に害を与える事がなく、安心してお使い頂けます。(株式会社モリヤマ:日光印

『朱肉入れ』 Ink pad

ブランド/なにがし

大きさ/丸:w60×h20 mm 、四角:w65×h20 mm 、六角:w60×h20 mm

仕上げ/金ムラ、黒ムラ