(c) 2017 yamazaki yoshiki

海に漂うガラスの破片、海の深さを表した3つの色、波の様なゆるやかなライン、まるで海を切り取った様なグラス、『シーグラス』。

冷たい飲み物が入ったグラスの下にコースターを置いた時、手に取ってから口元に運ぶまでの間に、服に水滴が落ちてしまったり、
コースターがグラスにくっついてきたりする事があります。

シーグラスは、ガラスと珪藻土を組み合わせた、水滴を吸水するグラスです。
底面の珪藻土部分が流れ落ちて来る水滴を吸水してくれるので、テーブルも服も濡れる事がありません。

富山県総合デザインセンター ワークショップ作品

『シーグラス』

クライアント/富山県総合デザインセンター

大きさ/φ90×h90 mm

仕上げ/濃青、水色、クリア